「庄司ゆうこ」の成人映画のVシネマはAVか実際に見て検証する:文春砲の検証

昨日、記事にもしました「庄司ゆうこ」のAV疑惑報道。

当人は否定しておりますが、その根拠はどこにあるかというと、出演した成人映画にあるようです。

元タレントの庄司祐子さんが文春報道を否定「キャバクラヨガではなく、健全なヨガ」
(Buzzfeedからのニュース)

文春の記事中でAV女優の根拠とされているのが、庄司さんが以前に出演した『背徳の囁き 美人妻・よろめき堕ちてその果てに』『ヨガエステティシャン由紀子の憂鬱』の2作品。

作品の中で庄司さんはヌード、されに濡れ場を披露している。製作はアダルトビデオを手がけるメーカーで、共に成人指定作品だが、Vシネマに近くアダルトビデオではないという。

とのこと。

ならば、実際に見て検証せざるをえまい!!

成人映画『背徳の囁き 美人妻・よろめき堕ちてその果てに』

背徳の囁き 美人妻・よろめき堕ちてその果てに…

DMMではなぜか出演者検索で検索できないという謎。

ジャケットからも伝わるエロ感。と、意気込んで見たら、意外にもエロシーンはVシネマ程度だった。

挙句の果てに演技がアレなもんだから、あんまり面白さもエロさが伝わってこなかった(残念)

せめてエロシーンはもう少しエロく見せる必要があると思う。

成人映画『ヨガエステティシャン由紀子の憂鬱』

ヨガエステティシャン由紀子の憂鬱

もう期待度が薄すぎて見るのも迷いましたが、こちらの作品も勇気を出して見ました。

エロシーンはさらに少なめでそのエロシーンもエロさを感じないという。

個人的にはあまり演技で喘ぐのも興奮しないと思うのですが、さすがにドラマでやる以上、ある程度の演技力は必要かと、思います。

すべてにおいてチープに見えてしまい、退屈でした。

結論:AVではないが、あえて勇気を出して買う必要はないかも

着エロイメージビデオの方が良かった!!

Vシネにせよエロ映画にせよ、ある程度、人気のあるのは、やっぱりそれなりの演技力や演出力で見せる作品だったりするわけですよね。

わざわざ濡れ場をAV風にしても下品に感じてしまい萎えてしまうこともありますが、AV風に見せないのであれば、それなりの演技力が求められるのかもしれません。

好奇心にかられて見るのはアリですが、僕は買うにせよ一番安い「ストリーミング」での購入をオススメします。

【DMMの動画R18で購入可能です。】

背徳の囁き 美人妻・よろめき堕ちてその果てに…

ヨガエステティシャン由紀子の憂鬱